小陰唇縮小や膣縮小などの婦人科形成専門治療|札幌中央クリニック

無料メール相談
LINE予約・相談
WEB予約
札幌中央クリニック
電話する

MENU

処女膜切除

MEDICAL

  • *
  • 女性のための婦人科形成クリニック

処女膜切除について

性行為時の痛みの改善
性行為時に挿入できなかったり、強い痛みを伴う場合は処女膜切除・切開を行うことにより膣の入り口を広げ、挿入をスムーズにする治療です。
厚く、硬さの強い処女膜は処女膜強靭症と呼ばれます。処女膜は完全に塞がっているわけではなく、中央に小さな穴があいています。月経に異状なく普段は自覚症状がないため、性行為時に挿入できない、強い痛みなどで気付くことがあります。

性行為時の痛みの原因

処性行為時の痛みの原因は厚く、硬い処女膜、処女膜強靭症の他に疼痛過敏膣前庭や 加齢、ホルモン変化なども潤滑不足、膣の炎症・摩擦による傷、骨盤低筋群の過緊張や痙攣、心理的要因(緊張・不安・トラウマ)、パートナーとの相性・体位などが見られます。

処女膜切除治療の流れ

治療前

産婦人科の診察台のような手術台に両脚を乗せて仰向けになります。
通常はIラインのみ剃毛します。
*生理中は治療は行えません。

治療

厚さや硬さのある処女膜部分を高周波メスにて切り取り、処女膜の切除を行います。
膣の入り口周囲の筋肉が硬くなっていることもあるため、周囲もしっかり広げていきます。
溶ける糸(吸収糸)で縫合します。抜糸は不要ですが、2週間後の通院により早めに糸を取ることも可能です。

処女膜切除の流れ

麻酔

処女膜・膣の入口に部分的な麻酔(局所麻酔)を行います。痛みを最小限にするために極細のナノニードルを使用しています。ご希望により笑気麻酔や静脈麻酔の併用によりリラックスした状態で治療を行うことも可能です。

治療時間/約30~45分

治療後の生活について

治療終了後はしばらくベッドで安静にして頂きます。出血がないのを確認してからご帰宅になります。
陰部は血流が豊富な部位ですので多少血がにじむことがありますが通常1〜2日間で落ち着きます。
この間はナプキンかガーゼで保護し、ガードルで圧迫します。治療当日は安静にお過ごしください。

シャワー・入浴 シャワーは治療翌日より可能です。入浴は1週間後から可能です。
治療後の腫れ 個人差がありますが、通常はほとんど腫れることはありません。
通院・抜糸 溶ける糸で縫合するため抜糸の必要はありません。ご希望により2週間以降抜糸することも可能です。
運動や飲酒 治療1週間はお控えください。
性行為 治療1ヶ月後より可能です。

処女膜切除・処女膜強靭症の治療Q&A

処女膜切除(処女膜強靭症)治療の傷跡は残りますか?

治療は粘膜を縫い合わせる治療ですので、傷跡はほとんどわからなくなります。

処女膜切除(処女膜強靭症)治療、性行為を行ったら出血がありますか?

出血があることもあれば、ないこともあります。
性行為時、膣口の筋肉に硬さがあるときは痛みを感じたりや硬さがなく広がりやすくなっている場合には、出血がないこともあります。

治療料金

処女膜除去・処女膜強靭症 165,000円

※表示価格は税込価格です。

  • 女性器について
  • 診療の流れ
  • ドクター紹介
  • 保護者同意書
ご予約・お問い合わせ
  • 予約制
    電話する
  • WEB予約
  • 無料メール相談
  • LINE予約・相談
アクセス
〒060-0042
札幌市中央区大通西2丁目5番
都心ビル4F

地下鉄大通駅に直結

ページトップ